読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレス

無職で何にもしていないから、ストレスは溜まらないはずだ、と

母には言われたことがある。

無職でも、家にいて、ストレスは溜まるだろ、

自分だってそーじゃんか、

って母に言えないからこそのストレスですけどね。

今日午後から片頭痛激しくて、久しぶりにロキソニン飲んだ。

関節痛もするし、寒いからかなぁと厚着して出掛けたんだけど、

一向に身体が寒くて、まったく暖まらない

体調悪い〜って、帰宅後、強制的にベッドの住人になったけど、

平熱が35度くらいしかないのに、36.6度になってて、

どんどん、ジリジリ上がって行って、

お腹も下すし、関節痛も悪寒もって、

もはやインフルエンザだろーが!

って、戦々恐々としてたんだけど、

症状で調べたら、ノロウィルスか食中毒w

でも吐き気はないし、腹痛もすぐに治まったし

と思ってたら、いつもの知恵熱って発覚w

いきなり発熱っていうのが、それらしいってわかったときの、あの

(死ぬ病気じゃないのに)

もう死ぬんだ、私( ノД`)…

からの解放w

大人の知恵熱って、ストレスで発症するんだとか、

知恵熱出すと、頭を使い過ぎたからだとか、よく言われるけど

対人性のストレスが多いみたい。

まぁ、それはかなり溜め込んでてねぇ…

噴火したあげく、最近まで、溶岩撒き散らしてたからな〜

たった1日で治れば御の字だけど、

1ヶ月くらい微熱が下がらないとかってジリジリ続くのも、ストレス障害だって記事見て、

昔、20代の頃、なぜか

10月になると、微熱が続いてね。

最初は微熱だけだし、風邪の症状もないから、仕事には行くんだけど、

1週間くらいすると、もう辛くて、仕事を休むことになり、

2週間目には、起き上がることができなくなり、

3週間目にとうとう仕事を辞めることになって、

やっとで病院に行くんだけど、何にも見つからないし、

しまいに大体の確率で、風邪をもらってきてしまい、

最終的に風邪が治るころには、微熱も治まってる。

っていうやつ。

昔はね、母が

自律神経失調症とか、うつ病とか、絶対そういう病気じゃない、

ただの怠け病だ。なんてよく言ってたけどさ、

微熱が続くなんて、妊娠もしてないしさ

だいたいにして、彼氏もいないのに妊娠って、処女受胎かよ( ノД`)…

まぁそんなこんなで、今さらですが、あのときの病気が何だったのか分かったっていうね。

うつ病を怠け病とか言った、うちの母ですが、海堂尊さん著の「チームバチスタの栄光」シリーズに出てくる不定愁訴外来で、

いろいろ、そういう症状があって、決して怠け病なんかじゃない、

っていうのを小説で学び、

最近では点字のボランティアで、あらゆるジャンルの本を読むようになり、

覚えた言葉を使いたい子供みたいに

「あんた、注意なんとか障害じゃない?」

と、娘に軽々しく言うようになりましたw

まあね、人は生きていくだけでも、ストレス溜まるんだ。

時々発散しないとねー?

って、友人に愚痴るけど、

言うたびに、イライラを思い出すので、悪循環です。

かといって、お腹いっぱいおいしいもの食べたいって、ストレスを消化できるわけもなく、

胸焼けで眠れない夜を過ごす羽目になるのよね…

私に「あなたはすぐ顔に出るからダメ」って、言ってた人が

実は自分も顔に出すタイプで、

最近は実家の揉め事を家に持ち帰るらしく

「ただいま〜」って帰宅すると、

まず先に旦那さんが、顔色を伺うという、魔の図式が出来上がっているそうだw

ま、とにかく、何も考えず、よく寝ることが大事だよね〜(*´ω`*)