読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加計

まぁー次々と明るみに・・・これに加えて 関東の医学部新設問題もあるらしい。

批判者が居ないので 増長しまくった挙句の果てがこれ・・・

やはり最後は金と 女 ・・・かね。 この場合 奥さんだけれど・・・

**************

地元・愛媛県選出の村上誠一郎衆院議員は同誌にこんなコメントをよせていた。

「過疎地の今治に大学をつくって採算が合うのか。党獣医師問題議員連盟会長の麻生(太郎)財務省文教族の大物なんかも当初は認可に反対していたのに、同地が国家戦略特区に選ばれて認可が決まった途端に何も言わなくなった

財務省が反対していた案件がひっくりかえるのだから、よほどの『天の声』があったとしか思えない」

 

事実、加計学園の周りには、明らかな安倍人脈の存在が見え隠れしている。たとえば、今回の特区指定を決めた国家戦略特区会議の今治市分科会には加戸守行・前愛媛県知事が参加しているのだが、実は加戸前知事は安倍首相肝いりの諮問機関・教育再生実行会議のメンバー。

つまり安倍首相の息のかかった人物だった。

 

さらに昨日の国会で、加計学園の理事に2名の文科省OBがいることが明らかになったが、そのうちのひとりで、現在、加計学園の理事と、同学園のが運営する千葉科学大学学長に就いている木曽功氏は、一時、第二次安倍内閣内閣官房参与を務めていた文部科学官僚。

ようするに、安倍首相の側近的役割まで務めた官僚が、加計学園へ天下っていたのである。

 

そして、この森友学園問題を彷彿とさせる、“行政による隠蔽疑惑”まで浮上した。

 

国家戦略特区は本来、首相官邸ホームページで、その提案についての各省庁からの回答などが公開されている。

今治市加計学園獣医学部新設の案件は文科省案件であるため、「(文部科学省)国家戦略特区等提案検討要請回答」というファイルにある。

 

3月はじめ、このファイルを見てみると、約20件ほどの提案について、「提案主体」のほか「規制等の根拠法令」「制度改革のために提案する新たな措置」、そして「各府省庁からの検討要請に対する回答」などが一覧にまとめられていた。

 

だが、加計学園の岡山理科大獣医学部新設案件を指すと思われる提案は、提案主体が「愛媛県 今治市(合同提案)」と記されている以外は、その内容及び省庁の回答などが、奇妙にもすべて「(非公表)」とされていたのである。

 

これまた、国有地の売却価格を非公表としていた森友学園とそっくりだが、笑ってしまうのはその後だ。

3月になって、森友学園問題がさらに大きくなり、本サイトなど複数のメディアが加計学園問題を「第二の森友学園」として追及。3月3日には民進党有田芳生議員がこの行政文書における加計学園案件の「非公表」の事実をツイッターで指摘した。

 

すると、その数日後、首相官邸は一転、「(非公表)」としていた部分に、情報を書き込み、こっそり公表に切り替えたのだ。

明らかに、後ろ暗いところがあるとしか思えないではないか

**********