読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【新潟】渋滞で止まっていた車と車の間を抜けて道路を横断していた中2女子生徒が反対車線に出たところをはねられ意識不明の重体

横断中はねられ中2女生徒重体

11日午前、新潟市内の国道で、道路を横断していた中学2年生の女子生徒が走ってきた軽乗用車にはねられ、意識不明の重体となっています。

11日午前10時ごろ、新潟市南区能登の国道8号線で、道路を横断していた中学に通う2年生の外山栞さん(14)が、走ってきた軽乗用車に、はねられました。

この事故で外山さんは頭を強く打って病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。

警察によりますと、事故があった現場は片側1車線の直線道路で、見通しは良いものの、横断歩道などはないということです。

また、外山さんは渋滞で止まっていた車と車の間を抜けて道路を横断していて、 反対車線に出たところをはねられたとみられるということで、警察では、軽乗用車を運転していた44歳の男性から当時の状況などを詳しく聞くなどして事故の原因を調べています。