読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深淵のdetective・26

「…太一郎?」

ワタルは西園寺から渡された我が子の小さな身体を抱き締めて頬擦りした

「ふえっ、ふっ、ぎゃあああん!」

「えっ?太一郎?どうしたんだ!?」

「うわあ〜ん、ふぎゃぁ〜!」

どこか痛いのか!?具合が悪いのか!?

慌てふためくワタルに西園寺が言った

「大丈夫、甘えてるだけです」

「え?甘えてる?」

「赤ん坊には、何も解らないと言う人間もいるが、赤ん坊だって、感情がある」

周りの空気を察する事が出来る

「この子は今まで、自分の母親を殺した女に、見張られていたんです」

緊張が解けなかった眠る事も泣く事も出来なかった

父親に抱っこされて、やっと安心出来たんですよ」

だから思い切り泣いている

思い切り甘えているのだ

「え〜ん、ふえぇ〜ん!」

「太一郎…、怖かったのか?淋しかったのか?…ごめんな、傍に居られなくて…ごめんな?」

これからはずっと一緒だ

「パパが、お前を護るからな、太一郎?」

*****

俊輔の腕の中で今眠っていた筈のシノブが飛び起きた

「シノブ?」

「俊輔さん!帰って来る!」

兄さんと太一郎ちゃんが帰って来るよ!

「えっ?」

慌てて身支度をしてリビングに駆け込むと丁度アラタが電話を終えた所だった

「あ、シノブくん、俊輔さん、今先生から連絡があって、10分位で帰るって。勿論、ワタルさん達が一緒だよ」

大喜びする二人を見ながらアラタは電話を掛けた

「ええ、フロントには伝えてありますから、20分後にいらして下さい」

*****

「もう〜!ルイスってば、運転中に、涙で前が見えないって、あたし達を殺す気〜!?」

「だって、仕方無いじゃない〜!あの、親子の再会に、感動しちゃったんだもん!」

「ったくもう!助手席に、俺がいて、ハンドルを押さえたのを感謝しろよ!」

ホテルの地下駐車場に降り立った一行はここまでの10分が一番のスリルだったなと誰もが思っていた

「…この三人、コメディアンに転職した方が、いいんじゃないか?」

「全く、一時もしんみり出来ないな?」

いつもこの調子なのか?西園寺とターナーは呆れワタルは苦笑していた

部屋に戻るとシノブが泣きながら飛び付いてきた

「兄さん!たいちゃん!」

「シノブ…、心配させて、ごめんな?」

「ううん、無事で良かった!」

リビングのソファにアラタが座りテレビを視ていた

「お帰りなさい、先生。ほら、ニュースやってるよ」

件の邸宅をパトカーと消防車が取り囲んでいる

「…この、ニュース・テロップはなんだ、アラタ?」

「例のギャングのボスの病状を、報道してるんだよ」

あちこちの報道機関のPCに匿名の書き込みがされていたのだ

「ひゅ〜う!凄いな探偵!そこまでやったのか!?」

「いや、リミット。柘植先生が、スバルさんに依頼されたんです」

「ツゲ?って、ターナー?」

「私の上司です。叩かなければならない相手は、とことん叩く、凄腕の弁護士です」

ターナーの言葉を西園寺に通訳したアラタは

「とことん叩いて、落とし穴に突き落とす人だよね、柘植さんって?」

とヒソヒソと囁き西園寺を苦笑いさせた

つづく