読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都合のいい時だけ、異性婚でも同じだから論

都合のいい時だけ、異性婚でも同じだから論

下手な養護は、同じじゃないんじゃないの?みたいな。

>自伝本「ビアン婚〜私が女性と結婚式を挙げるまで」

異性婚でも、そうそう書く人はいない。

同じじゃない。

・意識の高い系の同性婚

・意識の高い系の異性婚

意識の高いってなにをさすかは微妙だけど、

でも、ちょっとずれてるとうまくいかないよね。

本読んだら負けかなと思うから読む気ないけど、

・相手が嫌がるような内容

・相手を傷づくような内容

は、異性婚でも普通は書かないんじゃないのかなぁ。

2009年にレズビアンであることを公表した著者が、幼少期から、性の目覚め、女性同士の恋愛事情、ADHD(注意欠陥多動性障がい)と診断された事実、週刊誌でのカミングアウト、そして現在のパートナー・杉森茜さんと結婚式を挙げるまでの半生が綴られています。LGBTへの関心も高まる今、注目の1冊です。

ADHDと診断されてるから、なんちゃってではないんだろうけど、

でも、これも含めて、ファッション感覚だよね、たぶん。

別にわるいとは言わないけど、もしそうなら、ある倫理観からしたら微妙な話だよね。

同性婚一ノ瀬文香杉森茜破局していた